テーマ:ランクル

機械摩耗

とあるエンジン設計に携わった方から非常に興味深いお話を頂戴したのでご紹介したいと思います。 ●ディーゼルエンジンのオイル交換は、3000km毎がもっともシリンダーボアの磨耗が少ないそうです。早くても遅 くてもNG。鉄スリーブに微細に切ってあるクロスハッチの油なじみと保持がおちてゆく期間と油汚れの増加する クロスポイントです。あ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

見込み

早速、陸運局へ出向き相談をしてきました。忙しい時間帯なのか人の出入りが激しくなかなか窓口で相手をしてもらえませんでした。ちらっと眼が有ったお兄さんに声を掛けるとちょっとお待ちくださいと言われ待つ事5分ほど。どうされましたか?と漸く内容を離すことができました。 末梢登録を紛失した車両の再登録の件についての相談ですと言うと1番の窓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活

一時抹消した書類無しの車両の復活の方法を調べているとなんとかなるケースも存在する様です。その際はあくまでも管轄陸運支局へ特別な案件としてお願いする様な感じになりますが、必要種類を集めると不可能ではないと事例報告を見かけます。書類を紛失した場合は前オーナーが警察署へ紛失届を出しそれが受理されその番号か何かが発行させれるそうですが、それ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

PZJ77との再会

以前乗っていたPZJ77と先日再会しました。元気そうで何よりで、相変わらずお役所のようなどノーマルの外観のままにかわいがってもらっている様子です。私の手元を離れてから2年目に突入しましたが、調子は良さそうで安心しました。寄り目と離れ目のツーショットですが、J77は精悍な感じに比べY60はうすらデカイ(爆)。並べてみるとウインドウの面積は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

BJ40 VS. PATOROL 3.0T

笑ってしまいました。 どうぞ! 言葉はようわかりませんが、 双方のやりとりの内容は何となく感じます。 bj:「へへん そんな乗用車にはまだ負けんワイ!ついて来て見ろ。」 y61:「いやぁ快適。オンボロなかなかやるね。年寄りの冷や水にならないように」 y61:「あら亀の子(爆)」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帰国子女 FJ45

ある日東京の友人が突然乗ってきた帰国子女FJ45です。豪州からの帰国のようですが、日本で何人かの手にわたり青色にお色直しして友人の元に来たようです。健康状態が万全でないらしく東京から富山に来る間にも駄々をこねていたとか。ガソリンをばら撒きながらたどり着いたようですが、とにかく長い!の一言です。 男を満載しての長旅の車内です…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

お薦め書籍

子供の絵本にはメッセージ性が深いものがあります。先日もフランダースの犬を読んでいて目頭が熱くなりました。今回の絵本も旧車オーナー、特にヨンマルオーナーにとって涙無しに読めない名著です。ご紹介します。 昨日スポットどめした頭で帰宅してふとテーブルの上を見るとなにやら見慣れない絵本があります。この置き方は大抵私に対して何か訴える時のお…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ファンカップリング その後

前回の続編です。エンジンを始動するとフロントエンジン前方からしていた金属の摩擦するような雑音が少し減りました。クーリングファンも回転軌跡に大きな乱れも無くおおむね良好を言うところでしょうか。一番変わったのが、エンジンの回転数を上げたときにファンの音がするようになったことです。まあ当たり前のことですが、フゥオーと猫が怒ったような聞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ファンカップリング セミOH

シリコンオイルがトヨタ部品共販で簡単に入手でき、懸案事項のファンカップリングのシリコンオイルのオイル交換を行いました。本当ならベアリングも交換したいところですが、もう少し情報を集めてから臨みたいと思っております。手始めにY60カップリングとの御対面からしませんとね。 ファンカップリングはご存知の通り、エンジン前方のファンの…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

PZJ77V ファミリーカーへの軌跡

家族構成の変化から4枚ドアが欲しくなりHZJ73、BJ44VからPZJ77Vに乗り換えました。本当は5MT・1HZ搭載車が欲しかったのですが、諸々の事情により1PZ搭載のこの車が我が家に来ることになりました。長いJ7#の歴史の中でもこの車種は短命である意味貴重な車でした。 1PZ:3469cc 直列5気筒 OHCディーゼル 1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

土曜の午後は

学生の頃は暇さえあれば車いじってました。化学系の学校でしたので実習やレポートが多く忙しい筈なのですが手はいつもグリスの汚れが(笑)。コルベン持つよりラチェット、関数電卓で計算するのは点滴静注速度より推進軸強度、論文読んでいたら英文マニュアルなどなど・・・20代はランクル一色の時代でした。30代になって生活の変化のより「あら40」になった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

B型エンジン

古い焼玉エンジンネタで先輩のブログと私のブログで炎上、黒鉛もくもくと言う状態ですが、15年来のB型エンジン乗りとして雑感を書きたいと思います。エンジンのB型は好きですが、最近友人にもB型が増えてきました。極めつけは血液型を13Bと言った友人には敬意を評したいと思います(笑)。備考:私はサメと同じゼロ型、O型でございます。 オー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

板車の楽しみ?

y60オーナーの皆様は異文化の勉強としてご一読頂けるとよろしいかと思います。一年前は板車と痛車が我が家の車でどちらも日本の日常生活においては信頼性が極めて低く常に一抹の不安を抱えておりました。板車にかれこれ50万キロほど乗ったかもしれません。BJ44・BJ74・HZJ73・PZJ77と乗り継ぎ様々なイタバネの感触の違いを楽しんできました…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

旅立ち2

PUNTとy60の車検の打ち合わせにいつもの修理工場に行くとPUNTはリフトアップされ油脂類の交換が行なわれていました。  ワイパーブレードの交換で純正品でなく国産メーカーの物で対応しますと説明を受けていると、ふとY60のブレードも傷んでいる事を思いだしついでに交換してもらうことにしました。 そんな話をしていると、車屋の兄さんが「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そろそろ冬支度

今日は寒気が入ってきて荒れ模様の天気になってきました。 いよいよ11月に入り北陸ではだんだんと晴れの日、特に週末が貴重になってきます。 雪が降る前に色々と外回りの準備をしなくてはいけないからです。 車も例に漏れず、タイヤ交換・塩害対策・寒冷対策・除雪用具などの準備が必要です。 たまに雪遊びやスキーに行くぐらいならそれなりでい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

エンジン停止

こんにちは くろちゃんです。 秋の昼下がりに近所のスキー場にゲレンデ視察に行った時の模様です。 斜度は20~30度、所々に雨水によるV字溝やえぐれが少々・赤土のコンディションです。 マッテレでも特に問題なく上っていきます。 ある日の事、この日もげんきにL2で上っていました。 特に吹けきりもせず、トルクに余裕もあり「FU…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

びょーき

こんにちは くろちゃんです。 仙台にいる友人宅に訪問する際の様子です。 国道40号線で新潟から阿武隈川を横に見ながら走リ、喜多方に抜けそこから酒田市に抜け山形を北上して 仙台入りするルートで良く行きました。 国道40号は山間部を走りますが、当時はコンクリートの舗装部分が多くリーフリジッドのヨンマルは頚椎捻挫にならんばかりのピ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ダウンサイジング

こんにちは くろちゃんです。 かつてH3年式HZJ73に乗っていました。東京の知人が乗っていた車でしたが、乗り換えに伴い譲ってもらいました。この車は4ナンバーZX、4200cc直六ディーゼル、5速、前後デフロックと好き者使用の車でした。 この前には5万円で買ったBJ74のキット(廃車しようとばらしていたのを組み立て)に乗…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

NA大排気量エンジンへの変化

こんにちは くろちゃんです。世界で活躍する4輪駆動車であるサファリ、ランクルには現在も古典的な直6NA4.2Lディーゼル(TD42、1HZ)がラインナップの一部に残されています。排気ガス対策のコモンレール式ディーゼルターボエンジンにメイン原動機の座を譲りつつも信頼性で残されているのでしょう。今までいろんな原動機を乗り継ぎましたが、その際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BJ44V 原動機変更 公認編・・・最終回

こんにちは くろちゃんです。 BV44V原動機換装の最終回「公認編」です。H12年に公認車検を受験してから9年経ちました。その間にBJ41の13BT化もしました。その時は前例もあり、自分の精神的にも随分と楽でした。書類さえと通ってしまえば後はユーザー車検+αですので、書類審査をどうパスするかですね。もっとも車がきちんと走るようにす…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

BJ44V原動機換装:変更点

こんにちはくろちゃんです。 今回は前回に引き続きヨンマルの原動機換装についてです。エンジンがヨンマルに定着するまでに必要だった変更点などについてお話しましょう。思い付いたままに列記していますので忘れたところもあるかもしれません。なにせ10年前のことですので・・・ 載せるのは比較的簡単でしたが、安心して実用車として使えるまでには1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

k-BJ44V 原動機換装(2B→13BT)作業編

こんにちは。くろちゃんです。 今回はヨンマルの原動機換装についてです。 エンジン換装はこのフレームでは3回目です。S56年12月登録のBJ44Vでしたのでいわゆる2Bエンジン後期型が載っていました。ところがエンジンのコンディションが芳しくなく、たまたま知り合いの修理工場にS54年登録のBJ41幌車がありました。前期型の2Bエンジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more