来るな!!!

画像

こんにちは くろちゃんです。
今まで免許取ってから経験した事故は2回で、そのうち一回は「秀樹」ことミラターボで一回、2回目はその後継車の初代パジェロでのもらい事故があります。秀樹の時は12月の夕方交差点で、視界に西日が入って信号の不注意によるものでした。幸い怪我もなく済みましたが、相手が公共交通機関(路線バス)で別の意味で非常に精神的負担が大きかった記憶があります。
 2回目のパッジェロは完全なもらい事故でしたが、もし秀樹だったら大怪我していたかもしれません。パジェ朗君に助けられたのかもしれないと今も思っています。

93年5月28日午前11時頃・・・
近くのショッピングセンターに有る銀行へ向かう途中の出来ごとです。

ゆっくりと走っていました。「そろそろ左折だな」と減速をしようとシフトダウンをしていました。
対向からは2t三菱キャンター13尺ワイドボディーがゆっくりと走ってきています。
セコに落としウインカーを出そうとして手をかけたとき

右から物凄い勢いで紺色のワンボックスが走ってきます。

どう見ても停車できそうにありません。

とっさに急ブレーキを踏み停車するか否かの時に
対向から走ってきたキャンターが紺色のボンゴのどてっぱらに突っ込みボンゴが持ち上がるように
押し出される様子が視界の片隅に入ります。

パジェ朗は停止し、とっさにリバースに掘り込んでクラッチをつなごうとしているさなかに
ボンゴとキャンターの一体化したものがこっちへ猛接近してきます。

来るな!!!

ボンゴがパジェ朗の左手前にあった電柱から斜めに張ってるワイヤーと電柱の間に鼻を突き出し
歩道に乗り上げますが、キャンターは容赦なく押してきます。

ワイヤにボンゴが引っかかり、ケツを振るようにしてパジェ朗の右横からぶつかりました。

パジェ朗は50センチほど横に振られて歩道の縁石に左フロントがぶつかって
ボンゴと縁石に挟まれるようにして受け止めました。

その衝撃で電柱が揺れて電線がウェーブを送るように揺れています。

トラックの運転手さんは右手を押さえながら降りてきました。骨が折れているようです。

ボンゴの運転手は肋骨が折れたのか胸を押さえてうなだれています。出血は外から見た限りでは
なさそうです。

私は強くハンドルを握ったせいか少し手首が痛いぐらいでした。

確かこの先に交番があったので走って事故の通報に向かいます。
行ったところ、意外な答えが「警察に電話して」「????」
どうやら交通課にしろというのです。「なんじゃそれ!」

あほらしいから現場に戻ったところ更に驚くべき事に、ボンゴの運転手がいないのです。
幾ら待っても現れません・・・

トラックの運転手さんが通報して交通課がきます。
ボンゴは葬祭会社の社用車だったので、会社に電話したら責任者が駆け付けました。

会社が責任を持って保障するからということでその場を後にします。

後日刑事課の人が下宿に来ます「???」

どうらやあのボンゴの運転手は無免許だったようなのです。
その後新聞に小さく出ていました。

パジェ朗は修理まで半年かかりました。全損扱いにしたがる保険屋と
車のおじさんの戦いの末修理にこぎつけました。

その間に乗った代車は一体何台あったんだろうか

コルサ・プレリュード・クラウン・クラウンワゴン・カローラバン

いろんな車を楽しみました。

しかし事故はいやですね。精神的・時間的・経済的損失が大きいです。

たとえ物損だけでもです。

みなさん気をつけましょうね。









この記事へのコメント

路駆丸
2009年07月19日 23:34
事故は、あとあとが面倒ですよね・・・
かれこれ車は27年も乗ってますが、
基本単独物損です(笑

車で相手がいたのは記憶では2件だけですが、
どちらも九州での時で、酷かったのは事故でなく
相手でした(笑

若かりし時の無謀から、相手が除けるのが筋だ~と
ノーブレーキで突っ込んで行き、ぶち当たりました(笑

で、お相手がその筋の方とは知らず喧嘩になり、
最後はトランクの工具袋から、錆びた出刃包丁が取り出され
あわや刺されかけ、避けていなければ
今頃この世には・・・かも(笑

今でも手の甲にちっちゃな切り傷が残ってますが、
もう笑い話に出来るほどの思い出です(爆

Peg
2009年07月20日 01:09
トラックの運転手さんはケガをされたようですが、最悪の事態には至らず良かったですね。しかし、無免許で逃げちゃうボンゴの運転手も凄いですね。

私も貰い事故の経験があります。私が原因の事故もあります。どちらの場合も、後から思うと「もう少し慎重に運転していれば・・」と後悔が残りますが。
あの頃より少しは成長(安全運転)していると良いのですが・・。

路駆丸さんの経験談、リアルで怖すぎです!
くみちょ
2009年07月20日 08:55
すごい情景ですね。
くろちゃんさんの当時の焦りがよくわかります。事故はいつまでも記憶に残ってしまいますよね。
路駆丸さんも、すげえなあ(爆)。もろ過失じゃない殺人未遂事件ですよね。

ワタシは幸い事故らしい事故って過去1件だけですが、反対車線から豪快に突っ込んで来て正面衝突。なにも出来ませんでした。
その時の相手は無免許でしかも未成年とゆー「どーすんだ?」状態。
なので保険もケーサツも「?』で、示談で修理代を相手の家族へ請求する事に決めたのですが、母子家庭で大変らしく家族で平謝りに来た姿にうちのオヤジの一言「もーええわ」で、修理代はワタシの自腹に(笑)。
70まんえん、痛かったです。
しかも真っ直ぐ走らなくなっちゃって、、、。
思えばかわいそーなクルマでしたよMR-2。




くろちゃん
2009年07月21日 08:20
路駆丸さん
おそくなりました。ありがとうございます。

がばい怖か話ですね。
しかし路駆丸さん面白すぎます。
私も九州男児かこの傾向が有るようです。
先輩の教訓として車に盾になるようなものを積んでおきます。

もっともY60黒が走ってくると皆様
「ちっ、嫌なやつがきやがった」
とこちらが殺気を出していなくても避けて下さる頻度が激増しました(笑)。
誠にご迷惑をおかけします!そんな感じです。

時々例外があり、その中でも強敵が「ご年配」と「携帯メール姉ちゃんです」
見てないんですもの・・・
くろちゃん
2009年07月21日 08:35
Pegさん
おそくなりました。ありがとうございます。
趣味のショック交換に勤しんでいました(笑)。

先方がいなくなったときは???でした。
このような経験から、相手から目を離すな、警察が来る前に不用意に情報を与えたりするな、などいろんな事を学びました。
幸い大きな事故はなく物損だけで済んでいます。
昔は一晩中走ってたりしましたが、30過ぎてから深夜に対向車線を走って
ヒヤッとしたことがあり無理をしないようにしています。

燃費運転は車にも安全にもいいと最近思っています。





くろちゃん
2009年07月21日 08:47
くみちょさん
おそくなりました。ありがとうございます。

くみちょさんもご無事で何よりです。
自腹でその金額は切ないですね。
しかし、お父さんは男気ある方ですね。

事故してから保険の大切さを実感しました。
また職業柄、保険会社の支払い状況も分かりますので
会社を選ぶようにしています。
本当に色々で、健康保険をなんと思っているんだ!と言いたくなる
保険会社があるんですよね。ほんとに・・・

MR2可愛そうですね。乗用車でまっすぐ走らないのはいただけませんね。
四駆では日常ですが(笑)