Y60の乗り味

画像


こんにちは くろちゃんです
今日は「乗ってみないとわからない」です。「食わず嫌い」という言葉ありますが、サファリ特にY60はその言葉がぴったりの車かもしれません。
車は走れば何でもいいという向きもありますが、愛馬と言う様に私には大切な相棒です。人や物を安全に快適に目的地まで運ぶのが車の役目であり、その用途により種類の選択が行われます。更にその過程がいかなるものか、外観がどうかなど嗜好の要素も加わって特定の車種に絞り込まれるでしょうか。
さてY60ですが、この車は非常に外観の好き嫌いが非常に出る車で、いわゆるイメージによる門前払いが多い車でしょう。実際私もその一人でした。
実際に乗ってみて、基本性能の高さを随所で感じます。nakajinさんやくみちょさんのブログでサファリの魅力を想像してみましたが、乗ってみて実感したと申しますか自分の肌に合いました。特に好きなのが「乗り味」です。ただ闇雲に柔らかいのではなく、しなやかに頑丈なフレームに支えられたボディーが滑るように進む感じが好きですね。時々、リジッドアクスルバタつきが露呈する事がありますが、今までランクル80でも感じたこと無かった乗り味です。北陸は冬場のチェーンの影響などで轍ができ、その上をかまぼこのように補修してあります(写真のような感じです)。このような路面ではリーフ車は常にピッチングや突き上げ、耐え切れなくなったアクスルが飛び跳ね疲れている時は忍耐が必要です。
自分一人の時は別にこんなもんだと思っていますが、同乗者(大人、小児)がいる時は終始気を使い気疲れしたものでした。
前回ご紹介した本にY60が発売された当初「アウトバックを妊婦が運転できる車」と評されたという件がありましたが、田舎のあれた路面をゆっくり走っていると実感します。
購入当初は米国製のショックアブソーバーが装着されていました。ノーマルのサファリは乗り心地がいいよと聞いていたのですが、突き上げが大きくリーフ車とさして違う感じがせず非常に落胆し、疑問に思った事がありました。そこでノーマルのショックを買おうと思い日産に問い合わせたら、4本6万円!さすがに手が出ず、たまたまオークションにY61のノーマルショックが出ていたので購入しました。仕事が忙しかったので不本意ながら装着を依頼しました。出張から帰ってきて早速走ってみたら「がっかり」です。さして違いが無く、抜けているのかな?マッチングが悪かったのかな?・・・

画像

後日なんとなく車の下を覘いて見ると「???」3本しか変わってないのです。右のリアがそのままです。
「おーい、言ってくれよ!」
「すみません、ブッシュが合わなかったので注文してました」
「はいわかりましたよ・・・」
早速、もとサファリ乗りの知り合いにこの事を話すとブッシュの予備があるよとの事で、その晩に交換する事にしました。
「おーこれだったのか」
噂の乗り味を感じました。しなやかにリアが上下し、滑るように農道を走っていきます。ショック1本違うだけでこうも違うと思うぐらい激変しました。

私はこれからの季節の夕方の時間帯が好きです。暑さがひと段落してきた頃、窓を開けてトルクのたっぷりした速度域で巡航するのがなんとも好きです。y60の滑るような走りで楽しみたいですね。

画像

この記事へのコメント

くみちょ
2009年05月21日 19:18
サファリの場合アフターのモノに取り換える時は”ノーマル”が基準になりますよね。
しなやかに動くか?舗装路で振られないか?乗り味は?ナドナド、コレがなかなかハードル高いんです。
ショートではあまり気にならない腹の下の低さですが、ロングとなると長大なホイルベースにフィールドでは常にカメマシン(笑)。
うちのコースではせめて2インチは上げてやらないとマトモに走れない感じです。
で、当然長めのコイルにショックを装着となる訳ですけど、サファリのノーマルショックってホントに凄く良い出来で、常に思うのはマジでコレがそのまま長くなってくれれば、、、(笑)。
ワタシのも暫定仕様で中古カンサスに”秘密の細工”とビックカントリーのショックの組み合わせなのですが、正直乗り味はノーマル以下です。
一度ノーマルを加工して市販の延長キットでフロントの首だけ伸ばしてた事もありましたが、フルストロークで無理な角度になるのかショックのロッドが折れてしまって大変でした(笑)。
良く出来たサファリの脚をいぢるってのは、ある意味神への冒涜ですね(笑)。







くろちゃん
2009年05月22日 08:08
くみちょさん 毎度ありがとうございます。
私も色々な車に乗ってみました(自己、他者所有含め)。その中でもサファリは異色の乗り味で、個人的には上質だと思います。単に柔らかいのではなく、しっとりしているというか・・・ショートは乗ったことがほとんど無いのであくまでもロングの感想です。
 この完成度の足回りを弄るのは割り切り、決別の覚悟が必要でしょうね。ある方向性に特化してしまうからです。確かに連休中にちょっとした川原に入っただけで何回腹を打ったことか・・・2インチぐらい上げたい!と思いますが、この乗り味は捨てがたいと思うと二の足を踏んでしまいます。ショックもさることながら、ブッシュに依存が高いフロント3リンク、味付けにブッシュの依存が高いリア5リンクの初期化をして新車時のフィーリングを味わってみたいと思ってしまいます。幾ら掛るんだろう?意外と社外足回りを買うよりも安価だったりして。おおさまの道、雄大な道と名の通りあまり凸凹道は走ったらダメな車なのかもしれませんね。くみちょさん(笑)!