車の音

画像


こんにちは くろちゃんです。
最近の車は静かになりましたね~。単に自分が騒々しい車に乗っているからそう思うだけかもしれませんが、それでも静かです。自分が内燃機関が好きだからだけかもしれませんが、車種、メーカー特有の音あると思いませんか?

外車などは特にエンジン音に特徴がありますね。アルファロメオのV6サウンドはいいですね。最近ぶち抜かれましたが乾いたサウンドがなんともいえませんでした。余韻に浸っているとTDの漁船サウンドが現実に引き戻してくれましたが。
プントも日本車と違いを感じるのがエンジン音です。回転が上がると勇ましいサウンドがします。
同じ排気量のビッツやファンカーゴではまずありえない音がします。
こうれをどう感じるか、うるさいorいい音 私は好きです。

写真は古い三菱キャンターですが、仲間内では「ぬ~ぬ~キャンター」と言ってます。
この年式のキャンターはミッションの音なのか発進すると

ぬ~ ぬ~ ぬ~

と加速していきます。最近はめっきり見なくなりましたが偶然ホームセンターで見つけたのでした。

ミッションの乗用車のバックする時の音も面白いですね。
なんと言ったらいいのでしょうか。聞いたらバックしているとわかる音がしますね。

そうそうバックで最近気になっているのが、ハイブリット車です。
小さい子供とスーパーの駐車場を歩いていると突然音も無く車が下がってくる事があります。
子供だけで絶対に歩かせたらいけないのは当然ですが、これ危ないと思います。
車の中ではバックでは何かしらの音がするようになっていますが、車外でも聞こえるようにできないものかと
思ってしまいます。

今は減りましたがV型エンジンのトレーラヘッドのアイドリングは意外と静かですね。
どすが効いた低音ですが静かに回っている感じがします。
ひとたびアクセルをあおると豹変して大型車の貫禄を見せてくれるのがいいですね。

大排気量ガソリンエンジンも迫力があります。F型、P型、TB型などの直6が好きです。
まわしての音もいいですが、やはりアイドリングの迫力でしょうか。
静かに低音が響く・・・最近のV6とは違いますね。

機械が健康な時の音は「サウンド」として楽しむことが出来ますが、くたびれた音は不協和音のように疲れます。
ベアリングが駄目になった音はいやですね。
ゴロゴロと低音のこもり音を発生させ速度が上がると様々な音との共演が始まりますが、
そのベースに常に車内の空気を振動させ鼓膜に容赦ない圧迫をします。
騒音性難聴を引起こすぐらいです。

ハブ、ミッション、トランスファー、ペラシャフト、デフのベアリングの騒音は乗ってみて無意識に車の疲労を感じさせてくれますね。調子がいい車はこの低音域の騒音が少ないので静かに感じる気がします。

今まで私は駆動系についていなかった気がします。
ゴロゴロと戦ってきました。
デフ、ミッション、ハブのオーバーホールをしました。
決定的なダメージは無いにせよ、私にはこのこもり音がどうも嫌でした。

Y60はその点では解放されました。
気にしなくて車に乗れることってこんなに幸せなんだと思ったぐらいです。

脈絡の無い話でしたが車の音は奥が深いですね。
車の疲労から来る音は嫌ですが、個性的な音がする車は好きです。
時代は車の個性的な音がなくなってきています。
快適さは増すのでしょうが、ちょっと寂しい気もします。





"車の音" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント