見込み


早速、陸運局へ出向き相談をしてきました。忙しい時間帯なのか人の出入りが激しくなかなか窓口で相手をしてもらえませんでした。ちらっと眼が有ったお兄さんに声を掛けるとちょっとお待ちくださいと言われ待つ事5分ほど。どうされましたか?と漸く内容を離すことができました。

末梢登録を紛失した車両の再登録の件についての相談ですと言うと1番の窓口へ行ってくださいと。僕が居たのは随分前に公認改造の相談をした窓口で、ややこしい事はここかと思い込んでました。1番の窓口は車検やら新規登録の事でごった返しており、こんな案件を相談で止めてしまうのは気が引けましたが、仕方ありません。

列の切れ間を見て内容を話すと意外とあっさりと答えが返ってきました。一時抹消か永久抹消か持ち主が他の車両と一緒に業者に頼みその真偽が不明である。また引っ越しの際にそれら書類を紛失したのか仕舞い込んだのかこれも真偽がはっきりしないが現在見つけるのが困難か状況であると言う旨を伝えると、まず解体しないと永久抹消できないので一時抹消でしょうと即答で返事が来ました。

あとは登録番号が判ればその番号、若しくはフレームナンバーを調べ記入しその他所定の必要書類を集め提出するとて続きは可能であると言う旨でした。今回のケースでは所有者が現にいらっしゃるので書類等の手配もご足労願えば可能なのですんなりと行く感じです。しかしもしこれが不明、若しくはご他界なさっている場合などは面倒である可能性を感じました。

取り敢えずこれ以上窓口を塞ぐことは気が引けるので一旦書類を頂き戻りましたが、その後具体的なケースでの質問を再度する必要が有りそうです。
画像

この記事へのコメント