オルタネーター修理:その1

とうとう発電しなくなったY60のオルタネーターを修理する事にしましたが、折りしも酷暑続きの今日この頃です。作業日も例にもれず36.6℃まで上がってくれました。車両はカーポートの下に置いての作業ですけど、午前中のオルタネーターを降ろす時はまだ日陰がありましたが、組み付ける時はモロニ直射日光が当たる状況です。最後の組みつけが本当にしんどかった今回の作業でした。写真の枚数が多いので、回を何回かに分けてご紹介したいと思いますが、くれぐれも同じような事があったらリビルト品をお薦めします(爆。

画像


TD42はエアクリーナーのケースに続くエアダクトが補器類を隠していますのでまずこれを取り除くと随分とスッキリとした感じになります。オルタネーターはこの下に有ります。ただ此処からだけのアプローチだと外すのに苦労しますので第二アプローチ路の確保をしましょう。

画像


これはエアコン修理の時に開いて閉まった禁断の窓ですが、内装はずしの工具でぽちぽちやると外れます。此処が開くとエンジンマウント、コンプレッサー、などと非常にお近づきになれます。マウントに固定ボルトを外したり、オイルラインを外したりします。リターン側のホイースの固定バンドは下に潜って作業しました。

画像


意外と外しにくいのがノイヅカット用のコンデンサーと配線クリップを固定しているネジでした。面倒だったのでエイヤ!とまげて8mmのソケットで外すと簡単でしたよ。

画像


カプラー類をどんどん外します。カプラーの下に出力端子が有り10mmのソケットで外しますが、コンデンサーの端子も此処に友止めになっております。

画像


オイルラインを外さねばなりません。オルタネーターを緩めてバッテリー側に寄せてから、供給側とリターン側を外します。供給側は2枚の銅製のOリングでラインを挟むかたちでバキュームポンプ裏側に止めて有ります。14mmの目メガネで緩めましたが、しっかり絞まってました。固定のボルトは無くさない様にバキュームポンプのもと有った所に止めておきました。

画像


画像


配線類、ホース類が外れている事を確認してオルタネーターを上に引き抜きます。

画像


ハイこれが今回者役のオルタネーターです。TBのものと違い後にバキュームポンプが付いていてそれに伴ってのオイルラインが必要になります。

画像


オルタネーターを外すまでに約一時間ですね。太陽はどんどん高くなり、気温がぐんぐん上がります。高校野球の県大会の決勝戦のラジオ放送が聞こえてきます。y60の金属はどんどん熱くなり触るのが嫌になってきます。これからは屋根の下での作業ですが、未知の作業なのでどうなるか。。。。


続く


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くみちょう
2010年07月29日 16:05
暑いのに御苦労さまです。
熱中症には気を付けてくださいね。特にY60は金属部分が多いので、蓄熱量もソレナリに多いのではないかと(笑)。
そうそう、火傷にも注意せねばなりませんね~。
迂闊にボディに触れない季節ですね。

オルタ修理続編楽しみにしてますよ~。

くろちゃん
2010年07月29日 16:10
くみちょうさん
いつもありがとう御座います。いや昨日はマジやばかったです。ただでさえ少ない脳みそが溶けて鼻から出てくると思いましたよ。久しぶりに意識が朦朧とする感じがしましたが、この気温で20年前はフル装備でハイアップで走っていたな
ぁ。やはり若さには勝ちません。

話を戻します。とにかく写真が50枚ぐらいになってしまいアップロードするだけでも疲れそうな感じですが、頑張ります。このブログもだんだんとメモリ容量が少なくなってきました。移設先を探さねば。。。頑張りますのでお楽しみに!
浜松支部長
2010年07月29日 19:25
自分で作業すると
現場の整備している方々の苦労が分かります

時間が無く整備を頼んだ時なんかは
整備士さんの大変さを感じ
スナップオンの工具箱をプレゼントしたり
特殊工具をプレゼントしたり

今の車を作った時は、連続休暇で一週間休み
徹夜の連続で作り上げました。
でも、やり終えた時の満足感の方が大きいんですよね

M?


くろちゃん
2010年07月30日 08:37
支部長さん ありがとうございます。
本当にプロの方のご苦労がしのばれますね。
自分の車だと駄目だったら「あら」で済みますが、
お客さんのだとそうは行きませんからね。
時間がない中での作業だと余計に
大変だと思います。
最近面倒な修理を頼む事が多いので
一緒に修理書を見ながら作業する事が多いのですが、
気がついたら自分で殆どやってた(爆。

分解遊びの達成感ですね~。