ATF交換準備:ストレーナー

昨日はATFを購入したお話しをしました。いよいよストレーナーの入手の手はずをします。今までは昼休みにちょこっと抜け出して車屋のお兄さんに「ねえねえ今度さぁこれしたいんだけど部品調べてよ」と厚かましく作業の邪魔をしていました。FAXが届いたら「これ注文してね」とニコッと頼んでから作業を開始という感じでしたが、最近電子パーツカタログを入手したのでこの手間が省けました。

整備要領書とrepair manualを見比べながら必要そうな部品に目星をつけて電子パーツカタログで検索プリントアウトして整備要領書などを小脇に抱えて車屋へ向かいます。お兄さんと、お父上である社長に自分の仮説を説明してその妥当性をご判断頂き注文へ・・・このように現場負担を減らす事ができました。といっても面倒な事を聞いてもらっている状況は変わりませんが。毎度ながら感謝いたしております。

画像


画像をクリックすると毎度ながら拡大しますのでご覧遊ばせ。私の自筆での囲みがストレーナーとOリングです。あとオイルパンのガスケットも必要です。検索しているとガスケットはボルトのセット物が有るようで値段もほとんど変わらないようです。2003年5月現在の情報ですが載せておきますが、実際に発注しての価格や部品番号はまたアップします。


    部品名             部品コード      部品番号        適用    
●シール、Oリング        31713E D3105   31526-41X07-       100

●ストレーナーアッセン     31728 D3105    31728-41X03-       1750 
                                (31728-41X-01-)    (1750)  後対応部番

●ガスケット            31397-51X01    31377-41X25       1490 ガスケット ボルトセット


画像

                           【repair manualより】

車屋のお兄さんと話していたのですが、オイルパンの磁石に結構金属粉が溜るようです。これで取りきれなくなったら金属粉がATの中を駆け巡りコントロールバルブなどを傷めのではないか。ストレーナー自体は粗い金属の網だけど結構詰まったようになっているそうです。クラッチなどのフェーシングが磨耗した粉がATFに混入してここに引っかかるのでしょう。私のy60のATはリビルトして恐らく3万キロ、2年ほど経ちますのでちょうど交換時期です。どうなっている事やら・・・

明日発注に行ってきます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

rindaman
2010年02月09日 19:37
お晩です。すごい!すごすぎる!自分さっぱりわかりません。自分は修理、整備など工場に入れてたので、みなさんのレベルについていけないのが悲しいッス。泣
がんばろ・・・
12HTいいですね!でも2Hは狩勝登りはきつかった気します。当別ですか!?なんまビックリです! 笑!
くろちゃん
2010年02月09日 21:41
rindamanさん ありがとうございます。
ジャージャーエンジンでしたか。お疲れ様です(笑)私は2Bで登ってましたよ。つらかったです(笑)しかしこれからは楽チンで登って行きますよ。
こうゆう事は知らなくても何ら問題ないのでご安心下さいませ。お身体を壊さない程度にお楽しみ下さい(笑)。
2010年02月11日 00:06
ATのフェーシング、すなわち多板クラッチの摩擦材の材質をご存知ですか?
答えはセルロース、つまりは「紙」です。ATF内にはギアの鉄奮とセルロースが駆け巡ってます。
ATF量をオイルゲージで確認する際に布でなくペーパーウエスで拭えと整備要領書で指示しているのは、こういう理由です。ATFクーラーがラジエータにあります。
2010年02月11日 14:33
(コメント途中で登録してしまったので、続きを書きます。)
ATFの汚れがひどいときは、ラジエータ内のATFクーラーに目詰まりが無いかも、確認できたら良いと思います。
ATFを含めて油脂類はマメな交換が車の寿命を延ばします。
くろちゃん
2010年02月11日 23:04
nakajinさん ありがとうございます。
色々な材質でこのATは出来ているのですね。セルロースならば繊維質だから正に排水溝のヘドロと言うところでしょうか。荒い金属の網と言うのも納得で洗い場の目皿を想像してしまいます。

金属のみの機械ならば油脂類はある程度の許容度が有るかもしれませんが、有機物を含む構成体ならば油脂類の内容物には注意が必要なのも納得です。勉強になりました。
くみちょう
2010年02月12日 11:54
壊す勢いでノーメンテな我がATですけど、ここまで頑張ってるとなんだかちょっと愛おしくもなりますねえ(笑)。
最近、「ATトランスミッション入門」なるGP出版の本を読んでおりますが、コレがまた入門どころか小難しい数式や表満載なので睡眠誘発材になっておりまして(爆)。

なので、このまま壊してしまうのが惜しくもなってきてます(笑)
くろちゃん
2010年02月12日 12:31
くみちょうさん ありがとうございます。
私もその本立ち読みしました(爆)AT関係の本はだんだん眉が寄ってきて顔が険しくなってきます。それこそ物理の力学の問題を解いている様な感じになってきます。何気なくATに乗っているのですが、色々な苦労を感じると労わってやりたくなります。

今私の頭の中ではセルロースや金属粉や酸化したベースオイルのATFがぐるぐる駆け巡っている感じがします。
Gomez
2020年01月31日 05:15
初めてコメントさせていただきます。
実は自分でATのバルブボディの分解清掃すべく分解したところ中のボールの位置がわからなくなってしまいまして…。
掲示板にも書き込んだのですが、どうもこうもわからなくなってしまいました…。
どうやら日産に整備要項書も無いらしく八方塞がりになってしまい、知恵をお借りしたくコメントさせていただきました。
くろちゃん
2020年01月31日 08:12
Gomezさん
コメントありがとうございます。ログインパスワード失念したのでコメントでお答えさせていただきます。FBの日産サファリ大好きにご登録していただくとそこに画像をアップしておきます。よろしくお願いします。
Gomez
2020年01月31日 19:17
>くろちゃんさん
早速の回答ありがとう御座います!
早速リクエスト出させていただきました!