y60とのんびり

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅立ち2

<<   作成日時 : 2010/01/28 17:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

PUNTとy60の車検の打ち合わせにいつもの修理工場に行くとPUNTはリフトアップされ油脂類の交換が行なわれていました。  ワイパーブレードの交換で純正品でなく国産メーカーの物で対応しますと説明を受けていると、ふとY60のブレードも傷んでいる事を思いだしついでに交換してもらうことにしました。

そんな話をしていると、車屋の兄さんが「急な話があるのですが」と切り出すのです。一体なんだろうと聞いてみることに。5年前に私から引き継いだHZJ73を手放そうと思っているとの事でした。彼自身は次のオーナーは何となく決めていたようで再来年の車検の時ぐらいと思っていたようですが、その相手が最近事故に合い廃車になり急に話が進んだ様です。

5年前にHZJ73とBJ44をどちらを寝かせようかと悩んだ挙句73にしたのです。この車は駆動系はミッション、トランスファー、デフ、ハブ、ペラシャフト、デフロックアクチュエーターを整備していい状態でしたが、如何せん外観が今ひとつで絶望的な変形ではないのですが決して綺麗とはいえない状態で二束三文で買い叩かれたり部品取り車になるのは忍びないので手元に置いておいたのです。そうこうしている内に車屋のお兄さんが「譲って下さい」と訪ねてきたので彼なら良いだろうとお願いする事にしました。

画像


早いものでそれからもう5年がたったのですね。私もその後PZJ77に乗り、y60へと移りました。この73は私が結婚前に奈良と富山の往復に活躍し、新婚旅行で北海道に行ったのもこの車でした。冗談でこの車はそんな車で縁起がいい車だよと話していましたが、彼も昨年末によき伴侶を得て新しいいスタートを切りました。彼が「縁起が良い車だと言ってましたね。僕もこうして結婚して、次のオーナーも結婚願望があってちょうど良いかもですね。」

くれぐれも宜しくと伝えておいてね。

画像


「どうです。しばらく乗ってきませんか?」「僕もさっきお別れドライブしてきましたので」とのお言葉に甘えて一回りしてくる事にしました。今日は久しぶりに良い天気で立山連峰がきれいに見えます。Y60に乗りなれているので久々の73はえらく車高が高く感じましたがこれでもノーマルなのですね。久しぶりの1HZのエンジン音は心地よく、久しぶりの運転です。4200ccのトルクは健在でATのY60とは違いきびきびトルクフルに走ります。加速に鋭さを感じるぐらいで、暫しのドライブを楽しみました。

この窓から色んな景色を見たな・・・






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
HZJ73、短すぎず長すぎず、ソレナリに荷物もニンゲンも積めて割とクロカンも出来る真の意味でのSUVですよね。
サファリを知らなかったら乗っていたかも知れません。

昔の愛車を間際に乗れるのは幸せですね〜。
ワタシの場合は、
「アレどうした?」
「あ〜ごめんヤッちゃった。もーグチャグチャ」
なんてハナシが多くて(笑)。

しかし、1HZからPの、しかも重くて長いのに乗り替えるなんてくろちゃんさんも酔狂ですよね(爆)。




くみちょう
2010/01/29 11:12
くみちょうさん ありがとうございます。
よりどりミドルは2種類の原動機を楽しみました。13BTと1HZでトルクで切味のいい直噴スメルと滑らかで最期の一伸びが特徴の二つの原動機はそれぞれ面白かったです。このサイズはピッチングも程ほどで高速道路も乗っても許容範囲におさまり、クロカンでも安定感があり林道の切り返しもぎりぎりできるサイズでした。本当にこれで4枚ドアだったらかっこ悪いけど〈笑)ずっと乗っていたかもしれません。

それで苦行のPZJ77へと道を踏み外すのです。自分に言い聞かせるのにどれだけ辛抱が要ったか。こんなはずではない・・・何故ここで失速するのだ・・・どうしてエンストするのだ・・・こんな日々が続きました。どこか良いところあるだろうと捜し求めながら乗った日々でしたよ。

どの反動がトヨタのラインを飛び越えてニッサンしかもY60という異次元へ・・・
まぁそのお陰でこうしてくみちょうさんと知り合えたわけです〈笑)
くろちゃん
2010/01/29 13:36
70ミドルは一度は乗りたかった車です。軽になった今となっては二度と乗ることはないでしょうけど。HZJ74が販売終了するときにお世話になっているセールスマンにラストチャンスですよ と声をかけていただきましたが80に未練があったため見送りました。あの時買っていれば一生ものとしてまだ乗っていたことでしょう。(ナローボディーなら)
試作車としてBJ73改4ドアも販売されたというのも雑誌で見たことありますが、、、。FJみたいに観音ドアならそれなりの形にできていたかも。
しかし中東では今でもFZJ71(ワイドですが)が売られているんですね。怖そうな車です。
プレ80
2010/01/30 16:50
プレ80さん ありがとうございます。
あの車です。タコアシ+次郎で音だけ800馬力の車でしたが、その後純正のタイコにしたら静かでトルクフルな車になりましたよ。この貴重なナロー73ZX・5速・デフロックいい車でしたが、4枚ドアの利便性に負けて現実路線??で77となったわけです。
近所のアレーゼにBJ74の4枚ドアが時々車検かな?姿を表しますが、77をぶった切ったような風体ででリアのドアがなんとも忍者の出入り口のようです。名古屋の有る自動車学校にFZJ71の試作車が有り、コレを運転しましたが生命の危険を感じる車ですね。リーフリジットのショートホイルベース+1FZ+5速面白いけど危ない車です。タコメーターのように速度計が上がり、足回りが全然付いてこないのでこのアンバランスが危険な媚薬のようです。
くろちゃん
2010/01/30 17:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅立ち2 y60とのんびり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる