Maintenace Schedule 2

Maintenance Schedule の第二段です。

今回は10.000km時のケースで、
あまり走らない方でしたら年間走行距離ぐらいかもしれませんね。

-----------------------------------
every 10.000km or 6month,whichever comes first
-----------------------------------

Change the engine oil and filter (petorol engine)

Inspect and renew ,if necessary ,all underbonnet hoses

Check,adjust and renew ,if necessary ,the drive belts

Rotate the tyres

Check the clutch and brake pedals for proper height and freeplay 

Check the seat belts

Check and service the battery

Lubricate the chassis components

Check and renew ,if necessary ,the windscreen wiper blades

Check the idle speed and mixture adjustment

Inspect the exhaust system

Inspect the suspension and steering components

Service the fuel filtre (diesel engine)

--------------------------------------

この距離になると駆動系の消耗に関する項目がでてきますね。

グリスアップやサスペンションのブッシュなどの状態やブレーキやクラッチの消耗による

ぺダル位置の変化の確認・調節などが必要になってきます。

以前、某板で話題になっていたブレーキの話題も本来ならばこのような点も含めての

議論が必要だったのですね。車検整備にはペダルの踏みしろの項目はありますが、

走行距離が多いケースや多用する走行条件だと早めに点検する必要が出てくることの

示唆となっています。ペダルのゴムも侮れない安全パーツで、雪に日にブレーキング時に

滑って怖い思いをしたことが有ります。


私のy60も点検する必要があります。





この記事へのコメント

2009年10月30日 19:01
自分の思っているよりも期間が短い!と思いました。ちょっと反省しています(^^;
くろちゃん
2009年10月30日 19:09
nakajinさん
ありがとうございます。y60時代の部品品質もあるかと思いますが、ホース類の点検は私が思ったよりも短い期間でした。もっとも新品からだと数年は大丈夫だと思いますが、車暦を重ねるとある程度こまめに見ていないと安全性にかかわる部分なのでこのような期間設定になっていると想像しています。
 確かに本邦で使用するには危機感を感じないようなことも、世界の僻地でも活躍するサファリであり場合によっては生命をも担保にすることもあろうかと思うと納得もできます。 この車のロマンを別の意味で感じていました。
くみちょ
2009年11月02日 13:10
ビニ本来ました!(笑)
昨日の夜からパラパラ始まりました。ワタシにとって英語文献は睡眠導入剤かもしれません(笑)。
寝不足の心配だけはなさそうですが、スキャナで読める翻訳ソフトが欲しいトコです。

ペダルのゴムですが、気取って量販店で売っているようなアフターパーツのスポーツペダル?とかいうミョーチクリンな被せモノをした時に、純正のゴムの良さが解りますね(笑)。
滑る時は粗めのサンドペーパーでゴム表面を均すと良いらしいです。
ならばと言う事でサンドペーパーそのものをペダルへ貼り付けた事もありましたが、泥靴で乗り込む我々向きではありませんでした(笑)。






くろちゃん
2009年11月02日 13:29
くみちょさん
ありがとうございます。ビニ本はいかがですか?私のは早くたびれてきました。予備にもう一冊欲しいぐらいでコピーしながら興味があるところは読んでいます。写真が無いページだと勉強している雰囲気ですが、絵が入るととたんに娯楽となってしまいます。
 
かつてその手の物をつけていたこともあります(笑)。もちろん外れてしまいました。ブレーキは踏みつけるし、クラッチは重いしこれじゃ駄目ですね。最近年をとったのか純正が一番と無難と思えるようになってしまいました。