旅の楽しみ・・・晩餐

画像


こんにちは くろちゃんです。
大学時代にはとにかく放浪しました。日本各地の国道をひた走り西へ、東へ、北海道へと走りました。旅の楽しみはやはり各地の特産の物を味わう事です。学生でしたから当然お金は限られていますので、道の駅や、市場や無人販売所などで売られている野菜や魚や三菜などを買って簡単に料理して食べてました。

写真は北海道のサロマ湖畔のキャンプ場?野営場でのささやかな贅沢の一コマです。
サロマ湖付近では帆立貝の養殖が盛んで直売所がたくさん近隣にあります。
ホタテ一枚100円弱だったかな。毛がにが500円でした。
調理法は男はもちろん黙っての網焼きです。

炭をおこし、蚊と戦いながら火あぶりに処します。
ホタテ君はなんら僕には危害も損害も与えていませんが、食物連鎖の運命と諦めていただきましょう。
熱さにこらえきれずに口をぱかっと開けたら!すかさずめくり取り醤油を一滴!
あとは頃合いを待つのみです。

僕がホタテ君と格闘しているあいだ中、蚊の攻撃はやむ事はありません・・・

さあ!時はきました。食す時です。

幸せの瞬間です。

ビールを片手に、サロマ湖の夕暮れを見ながらぼーっとします。

一日中騒音と、ピッチングに翻弄された事も忘れていきます・・・・

画像


今はこんな気ままな時間はなくなりましたが、スキあらば行なおうと思っています。 

山陰のハタハタの一夜干しもうまかったなぁ・・・・

この記事へのコメント

うまそ~!
2009年07月04日 23:32
あと食後に、温かいコーヒーをマグカップで仕上げですね!

この野宿?でマグカップは、雑誌やCMの影響かな(笑

しっかりと洗脳されていますが、確かに旨い!
路駆丸
2009年07月04日 23:36
お酒が入っていたので、ミスりました(笑

うまそ~!さんは、路駆丸でした!
Peg
2009年07月05日 00:24
やっぱコレですね~。

なんだか、高校の頃に友人達と 50cc バイクで新潟や福島ににキャンプに行った頃や、車に乗るようになってからは、結婚前の妻を強引につき合わせて、日本各地の林道を走り回っていた頃を思い出します。今でこそ、でっかいクルマでトレーラーなんて引っぱっていますが、以前はほんと写真のイメージどおりでした。

くろちゃんの放浪は一人旅なのでしょうか? 私、一人旅も憧れなのですが、どうも寂しがりやのようで、友人や家族が居ないと落ち着きません。いい歳した大人なんですけどね~。
くろちゃん
2009年07月06日 08:20
路駆丸さん 2コメントありがとうございます(笑)。

この日は稚内からサロマまでひっと走りしました。
野外ではパーコレーターの粉っぽいコーヒーも美味しく錯覚します。
家ではとても飲めないと思いますが・・・
でも食後や起き抜けには必需品ですね。

こんな時はシンプルな食材をシンプルに仕上げるのがいいですね。
個人的には鉄板焼よりも網焼きが好きですね。
網を忘れてもグリルを外したら出来ますので(笑)。

くろちゃん
2009年07月06日 08:31
Pegさん ありがとうございます。
この頃は一人だったかなぁ・・・。相手してくれる人がいなかった?(笑)
基本的に私はワガママボウズなので人に合わせるのが苦手・・・
コンパは駄目なタイプです。

気の合う友達とは一緒に周る事も好きですが、
時々ふと独りになりたくなってしまう衝動に駆られますね。
一人の気楽さと、孤独感と、緊張感が自分と向き合う時間をくれます。

この頃は携帯電話も無かったので、本当に日常とは決別できていましたが、
携帯電話を持つようになったら、日常を引きずっているので緊張感が
随分となくなりました。

携帯電話ほっぽり出して何処か行きたいな・・・無理だろうな(涙)

くみちょ
2009年07月06日 16:01
いいですね~こーいう旅っていつまでも忘れないですし。
ワタシも北海道は結構通ってました(笑)。カヌーが好きなので屋根に積んで走ったり、フォールディングカヤックを背負って行ったり。
釧路川は我が第2の故郷ですね。奥様がうちにいらっしゃってからはなかなか帰郷できませんが(爆)。
実は独り旅ってあまりしたことはないんです。
それこそ数えるぐらい。常に友人とバカ騒ぎ付きの賑やか旅行ばかりでした。
あれからもう何年も経ってワタシもちっとは大人になったんじゃねーか?と思われますので、独りテント旅をフラッと行ってみたいこの頃です。
夜中の物音の怖さに耐えられるかなあ(笑)。
くろちゃん
2009年07月06日 18:07
くみちょさん ありがとうございます。
実はこのとき折りたたみファルトボートもって行ってました。
北海道で屋根にダンボールしいてカヤックを縛り付けていたヨンマルも見ました。このときは十勝川でした。
学生時代には連休になるとフェリーの予約でそわそわして、7月になると上陸の準備で眠れない日々が続いていたのが懐かしいイデス。

大雪山の山中でキャンプした時は羆が怖くなり、テント立てたのに車の中で寝ました(笑)。こんな時AMラジオがとってもありがたかったです。

あ~また行きたいなあ。y60だと楽だろうなあ・・・