今年の黄金週間

画像


こんにちはくろちゃんです。
今年の黄金週間は長野県の伊那市の山中で執り行われた野営に参加してきました。
年々参加台数が増えてきていて今年は一体何台いたのだろうか?20台ぐらいいたかなあ。
もちろん古巣の集まりですから、「寄り目の出っ歯」さんがいっぱいでした。
一台だけy60と同じ「離れ目」がいましたが、yが付いてない60でした。

遅れての参加でしたので、y60で駆けつけると聞きなれないTD42の咆哮に
一同の注目を浴びたのは言うまでもありません。

口々に

「でけ~」
「似合わん」
「3段腹だ」
「ニッサンできよった」
「20年ぶりにまじまじと見た」

などなど聞こえ、その後に恒例?の身体検査が半強制的に行われました。
ボンネットオープン、ベルト、オイル量、フレームナンバー、下回りなど上から下までくまなくチェックされました。

特に興味を引いていたのは、やはり「スタビライザー解除装置」であり
ランクル初期のワイヤー式デフロックばりのワイヤー式に感心し、「ゴッキ!!」と言う音ともに解除されると皆さん一同大喜びでした。ありがとうございます。

確かにグランロードの実用車らしからぬ雰囲気とワイヤー式の原始的な構造と作動音はアンマッチでいかにも日産らしいいコダワリを感じる部分です。
ロック機構付きオートフリーハブも好きですね。70系も最終型でようやく真似しましたね。しかし、うちのは電動式じゃい!と言ってきそうですが・・・

最後に帰るときに皆さんいつに無く大勢での見送りでした。
みんなありがとう・・・(涙)
と思ったらどっこい!
噂のノーマルサファリの脚の動きの観察でした。

画像


ステアケースの時に感謝の気持ちを込めてTD42が「ぶいん」とアレをお見舞いしました。標高が高いので思わず出ちゃった様です。(失礼)

今回、初めてy60で不整地走行しましたが、ATの副変速機の減速比2.0は足が速い!!と思いました。ATなのでブレーキを踏みながら走ればいいけどちょっと違和感がありました。
脚の動きはフロントにスタビライザーが入っているせいか、車の挙動がフロントに随分と拘束されている感じで、フロントで揺すられてからリアが付いて来るこんな感じでしょうか。
フロントのスタビライザー外そうかな・・・ちょっと思いました。
あの3mのホイルベースで特にトラクションが抜けなく走りきった事は後ろ足が動いていたのかなあ。まあよしとしましょう。


連休中はだらだらと巡航が多かったせいか、最高燃費を記録しました。
燃料計が半分ぐらいで
画像


512km
これはいけそうだと思い給油したところ
51L
と言う事は
10km/L
久しぶりに10km走ったのでうれしかったです。ハイ




この記事へのコメント

2009年05月07日 23:57
板サス車(40、60)のなかに、コイル車だったようですね。
来年あたりは、「Y60試乗会」が開催されるのではないか?と想像しました(笑)
 やっぱり、人のクルマは興味津々ですよ!
くろちゃん
2009年05月08日 08:03
nakajin様ありがとうございます
今年はもう少しでy60は拉致され川原に放置されるところでした。ロングのノーマル車高では腹打ちばかりで辛いものがありました。今回はイタバネばかりでなく、トーションバーやフロントストラットのアクティやバモスもいてどうやって入ってきたのか不思議なぐらいの感じがしました。やはり軽量、コンパクトが一番かもしれません。Y60は巨体ゆえにライン取りの自由が与えられない所を走るためにストローク量なのかなあなんて思ってしまいました。