ショックアブソーバーの角度

こんにちは くろちゃんです。突然ですが質問です。リジッドアクスル車をリフトアップしている方で、ショックアブソーバーの取り付け角度を気にした方いらっしゃいますか?ストローク量は気にされる方はほとんどでしょうが、取り付け角度は何かに干渉しない限り気にしないと思います。ちょっと今回「ショックアブソーバーの取り付け角度」を考えてみませんか?

さて最初の写真は、リーフリジットであるランクルBJ44vのリアのショックの取り付け状況です。俗にいう「ハの字」の取り付けですね。タイヤのトレッド面の中心からクロスメンバーに対して45度ぐらいの角度で付いています。

画像


次の写真は5リンクコイルリジットであるサファリY60のリアショックの取り付け状況です。BJ44に比べると角度が立っていますね。また写真では判りにくいのですが、下端部の取り付けは進行方向に対して若干ねじりが加わってます。おそらくリンク類によって作り出させる際に出来る円弧に対して角度がつけてあるのでしょう。

画像


これは同じくY60ですが3リンクコイルリジッドのフロントの取り付けです。垂直についてますね。ランクルもJ7#のフロントも同じく垂直ですが、BJ44Vは急な角度の「ハの字」になっています。

画像


このようにフロントとリアの違い、リーフとコイルの違いでショックアブソーバーの取り付け角度に違いがあるのがお判りいただけたでしょうか。リーフは車軸の左右咆哮の安定性もショックに依存しているのでしょうね。コイルの場合はリンクで位置決めがしっかりしているから、ショックによる安定性の依存が無く減衰のみに考慮すれば良いのでしょうね。立っている方がピストンスピードが速くなり減衰力が発生しやすいので安定性が増します。

こんな事を気にしだしたのはず~っと以前にBJ44にカントリーサスペンションを組んでいた時の事です。3インチほど車高が上がりましたが、交差点などで左折する時に右のリアが腰砕けになるのが嫌でした。ストロークの有るサスペンションを組み重心位置が上がるので仕方ないかと諦めていましたが、でも何とかならないものかと日々考えていました。もちろんノーマルでもその傾向はありますが、使用状況の最大公約数で計算されている筈だからノーマルのスケールアップの最小公倍数にするのが問題解決の一番近道と考えました。

そこで白羽の矢を立てたのがショックアブソーバーでした。減衰力は既製品である以上調節は難しいので、当時ビルシュタインがJ7#の設定があったのでフロントにビッグホーンのリア、リアにj7#のリアを購入しエナペタルに減衰力とケース長の調節を依頼しました。さすがびっくりシュタインです。まるで重心を下げたかのような安定感が出ましたが、が、ですね横方向の安定感はいまいちでしたね。それとリアの感じがしっくりこないのです。

これってもしかしてショックの角度のせいも有るの?と考えたのです。

下の図をご覧下さい。線が見にくい場合はクリックして見てください。多少ましになります。
ノーマルの状態の角度が基本になると思いますので感じを覚えてくださいね。ストロークするとショックが立ってきます。横方向の減衰力は弱くなりますが、縦方向の減衰力は強くなります。縮もうとすると突っ張る傾向が出るでしょうね。一方バンプ気味になると縦方向の減衰力は落ちますが、横方向は強くなります。

画像


次にリフトアップした時はどうでしょうか?リフト量によりますが、仮に減衰力が同じ場合には突っ張る傾向が強くなります。クローリングや穏ロードでもストロークスピードに影響を及ぼすのが想像できますね。

画像


ハイ 駄目押しで一緒に見ると みにくいですね~(笑)

画像


こんな事で悩んでいてもしょうがないとノーマルの角度の近づけるためにマウントつっくちゃいました!!

画像


たしかにリアはしなやかになりました。安定感も出ましたよ。

良い感じです。

しかし・・・

画像


強度不足でモゲマシタ(涙)

結論 ノーマルが一番です 


この記事へのコメント

Peg
2009年05月28日 23:42
私など、リンク類の取り付け角度の補正までが精一杯で、なかなかショックの取り付け角度までは頭が回りません。でも、リフトアップ量に合わせた適正な角度に補正すると、ずいぶん違うのかもしれませんね。以前、リアのラテラルは調整式を使っていましたが、調整部が壊れたのをきっかけに、ダウンブラケットを製作し、ノーマル同等の角度に調整しました。それだけで乗り心地がずいぶん改善され驚いた記憶があります。そのことを思い出しました。
くみちょ
2009年05月29日 07:51
勉強になります!
よく長いショックを使いたいがために、ナナメにするブラケットキットを売っているトコロもありますよね。

しかしビルを買ってエナペタルに調整依頼って、マジ凄いですね~。
エナペタにはレガシイの特注車高調を作ってもらった事がありますが、JB23が中古で買えそうなぐらい高価でした。街乗りでもサーキットでもさすがに良かったです。
もし、ビルエナペタチューンをサファリに取付るとすると、、、、いいや、考えすらもヤメテおきます(笑)。





くろちゃん
2009年05月29日 08:07
Pegさん ありがとうございます。
やはりそうですか!nakajinさんのブログでもあったとおり、きちんと補正しないといけないのですね。
実はもう一つこれに関する問題があるのです。またアップしたいと思います。
くろちゃん
2009年05月29日 08:16
くみちょさん ありがとうございます。
ただのお馬鹿です(笑)
当時何本ショック買ったんだろう?軽油が安くまだ60円ぐらいだったかな?とにかく走りました。
消耗も激しかったんですね。

当時はエナペタルに頼んでも一本OHでもショック買うぐらいで決して高い物ではありませんでした。何本も買い、気に入らないとブツブツ言うぐらいならと暴挙にでました。もっとも最初に駆け込んだのが、ゼロヨンとかツインターボとか言っているお店に行ってしまったので、このような発想になったのです。
本当に何も知らなかったんです。
R32GTRの横にヨンマルが突き出ていましたよ。