プラスチック製品

画像


こんにちは くろちゃんです。
Y60を見て一番ビックリしたのがプラスチック製品の劣化でした。その中でも一番ビックリしたのが、クーリングファンの亀裂です。羽根自体は大丈夫なのですが、付け根の部分の円形に部分に亀裂か入っているのです。何箇所あるんだろう?10箇所以上はありますね。気持ち悪いので新品をオーダーしました。 5000円強

ファンカップリングもシャフトの付け根から少しオイルが滲んでおり、シリコンオイルと入れ換えてOHしようと思いましたが、ガタが有った為に断念。新品をオーダー前に念のために見積もりを取ったら目を疑う金額が・・・

45000円!!!

パーツリストでは26000円でしたから随分と値上がりしたもんです。
他のTD42(T)現行車の物が使えないだろうか?と思案中です。
中古部品も現在捜索中です。マイナー車種ゆえに困難を極めてます(涙)
作戦2は直結ですか・・・

ん~・・・こんなところでトヨタとの差う感じてしまいます。
がニッサン乗りたる者はひるんではいけません ハイ

かつてのニッサンはプラスチック製品が弱いと言われます。可塑剤の配合が悪いのか?想定外の紫外線攻撃なのか?判りませんが、20年選手を維持しようとすると切実な問題となりつつあります。

最近オールドタイマー誌が気になるのです。プラリペアなるプラスチック製品を修復する物もあるようです。旧車を愛する先輩方の背中を拝見してこれから繰り出されるY60からの攻撃に負けないようにしなければなりません。

Y60は冷却系の整備をしようと思っていましたが、繰り出される様々な出費の連続に計画を現在見直し中です。ウオーターポンプ、サーモスタット、ファン、カップリング、冷却水交換と5点の作業項目ができてしまいました。

今はサーモが開きっぱなしなので、燃費にも影響しそうなので、手始めにサーモとファンだけでも交換して、部品の手配の目処をつけてからウォーターポンプに手をつけようと思ってます。


この記事へのコメント

くみちょ
2009年05月27日 10:36
ファンカップリンクお手伝いできなくて申し訳ございません。
気が付いたら部品鳥から消えてました(爆)。

確かにプラスティック製品ではトヨタさん(の下請け)には敵いません。内装部品なんかパキパキ割れてきちゃってヒデエなあなんて思ってましたが、クーリングファンまでもですか!?

自分のも見てみます。

部品鳥のファンはマウント千切って一度エンジンを飛ばした時(笑)に、シェラウドとボンネットに干渉して羽先がボロボロです。
そんなのばっかりで部品鳥を持っていても予備品になりません、、。



くろちゃん
2009年05月27日 11:11
くみちょさん
その節はありがとうございました。
また懲りずに在庫検索させていただきます。

カップリングは図体の割りに小さいのです。
1HZのはTD42の二周りぐらい大きくシャフトもしっかりしています。
しっかりしろよ!と言いたくなってしまいます。

クーリングファンはヨンマルでさえも弾力性があり
ひびなんて想定外でした。

次はどんなサプライスがあるか楽しみです。
Peg
2009年05月27日 22:44
プラリペアはずいぶん前から使っています。
素材との相性も有りますが、相性が合えば、かなり強力に接合できますよ。FRP との相性もかなり良いです。

くろちゃん
2009年05月28日 12:47
Pegさん ありがとうございます。
さすがお使いなのですね。密かに憧れの一品です(笑)。この関係のケミカル類は見ていて楽しいイデスね。オールドタイマー誌のレストアパーツ類を見るのも楽しみの一つです。世の中、自分を含めて困ってる方がいっぱいいるんだ。。。と
FRPはヨットの修理、ヨンマルの修理にいっぱい使いました。金属とグラス線維をくっ付ける時にPOR塗ってくっつけると具合良かったです。
あっ!Y61はまだ必要ないですね。
Y60はそろそろこころの準備が必要です(涙)