直六4.2Lディーゼルの二大雄TD42・1HZ

画像


こんにちは くろちゃんです。
今回はサファリのTD42とランクルの1HZについてです。両者とも譲らぬNA直六4.2Lディーゼルの優れたパワーユニットで、20年もの長期に亘り世界中で働いています。前回はこの排気量に落ちつくまでを考えてみましたが、それが総合的に好適であったからこそロングセラー原動機となったのでしょう。両者とも同排気量・気筒数でありながら細部が違いそれぞれに個性があります。主な諸元を見てみましょう。

---------------------------------------------------
原動機名             TD42        1HZ
---------------------------------------------------
総排気量(cc)        4169          4168
シリンダー数      直列6気等 縦置き     ←
燃焼室形式        過流室式          ←
弁機構             OHV          OHC
内径x行程(mm)     96.0x96.0       94.0x100.0
圧縮比             22.7           22.7
最高出力(PS/rpm)   125/4000       135/4000
最大トルク(kg・m/rpm) 27.8/2000      28.5/2200
---------------------------------------------------


みなさんご存知の通り、TD42はOHV、1HZはOHCが大きな違いですね。それに伴ってエンジン音が大きく違います。TD42はトラック然とした勇ましい音で1HZは音の大きなガソリン車の様なこもり音との差があります。噴射ポンプの進角特性やガバナーの特性の差もあるでしょうが、回転フィーリングは1HZが最高高回転までスムーズに回る気がします。低回転は1HZがロングストローク型である為か、吹けが重たく感じ2000回転ぐらいまでは意外とおとなしい気がします。一方TD42は2000回転程度までのレスポンスは非常に良く、初期のY60のTD42搭載車のタコメーターに記載されていたトルクバンド(1600~2600回転)辺りまでが実用域で、それ以上は苦手のような気がしました。
そこで、両者の出力特性とトルク特性の比較表を作ってみました。これは修理書やカタログのグラフの目盛りを判読し、作成した物で正確さには欠けますが大体の目安にはなると思います。


画像


画像


作成してみて思うのが、フィーリングの感じが出ているようですね。ただガバナー特性がこれではわかりませんので、粘りや負荷をかけた時の感じはまた違いますが・・・。低回転時はTD42の方がレスポンス、粘りでは分がある様な気がします。1HZは一般道を走行時にはスムーズさと静粛性で分がありますね。両者とも絶対的なトルクは大排気量エンジンだけあって過不足があるわけではありませんが性格の違いで優劣の話題が出るのでしょうね。

1HZはMTでATはちょっと、TD42はATでMTはちょっと乗ったぐらいなのでコンなんじゃ比較もへったくれもないのですが、ATの感じだとTD42がドカンと60キロぐらいまで、1HZはちょっとおとなしくその後に伸びだす様な気がします。

その他ではTD42はオルタネーターとバキュームポンプが一体型ですが、1HZは本体に組み込まれています。TD42はOHVなのでタイミングベルト交換はいらない代わりに、きちんとバルブクリアランスの調整が必要でコンデションに
影響します。1HZはタイミングベルトの交換が必要ですが、バルブクリアランスの調整はあまり必要でない方式ですね。いつも話題になるのがTD42はオイルエレメントが2個必要なことですが、日産の世界での使用状況を考慮しての基準なのです。TD42は重機のエンジン、1HZは自動車のエンジンそんな気がします。

TD42と1HZそれぞれいいエンジンです。Y60に1HZ、J7#にTD42載せたらどんな感じになるんだろう?意外と両者ぴったりだったりして!(笑)


この記事へのコメント

くみちょ
2009年05月18日 13:59
ワタシ、実は1HZのハチマルに乗っていた事があるんです(謝)←なぜ謝る?(笑)
くろちゃんさんの言うよな感じでした。
線が細くて頼りない感じで、回さないと走らない、、、そんなイメージでしたよ。
で、OHCのくせに案外震動が(笑)。
アイドリングでフツーにダッシュボードに置いたコインは、ビビりながら移動するぐらいはありました。
サファリはTDでもコイン、ダッシュの上で立ちますものね。もっともハチマルがDXだったから?(笑)
音はさすがのTOYOTAさんで、まるでディーゼルっぽくない揃った排気音で良かったです。
それに比べてTDはまるで漁船、、、(爆)。

どっちも魅力的ですけど、事ガソリンとなるとFのハチマルとサファリのTBだと圧倒的に後者の勝ちですよ。
パワー感もトルク感も(重機感も)フィーリング勝負ならサファリでオッケーです(笑)。
燃費は、、良い勝負ってコトで。


くろちゃん
2009年05月18日 15:26
くみちょさん ありがとうございます。
私も友人のHZJ81V(GX)5MTで四国旅行に拉致された時にたっぷり運転しました。似た車重のTD42のY60に比べると線が細い感じがしますね。スムーズすぎるからそう感じるのかもしれませんが。ただ音色は1HDTよりもマイルドで合っている感じがしました。
Y60には1HDTの攻撃的直噴サウンドもにあっているかも(笑)もちろん動力性能も迫力の外観とぴったりですね。・・・誰がする?宝くじが当たったら日産とトヨタのコラボ考えます(笑)。
TBも魅力的ですね。学生の時にウイリーせんばかりのY60TBの写真を見たときに「別世界の車だ」と感心したものです。P型エンジンも外観と裏腹にスムーズ且つ豪快な加速をしたと本で読みましたが、TBの性格もその流れでしょうか。
私には遠い世界の車です(笑)。