y60とのんびり

アクセスカウンタ

zoom RSS わき水

<<   作成日時 : 2015/01/27 11:31  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


わか水を汲みに飛騨へ正月早々行きその水が無くなったのでまた汲みに行ってきました。今回は軽自動車ですが、新しい軽自動車はなかなか良く出来ていますね。生+副変速機付のCVTですが出足こそ不思議な挙動を示しますが回り出すとそれなりに元気に走ります。車内も静かなものでこれには驚きます。

20+10Lのタンクを積み国道41号の峠を越え向かいます。y60の様な重量級の安定感はありませんが軽量級の別の身軽さでこれはこれで快適です。視線がいつもと違うので新鮮に感じますね。峠の頂上付近にある水汲み場は長蛇の列で見ただけで却下。峠を少し下った場所にある前回行ったところへ向かいます。

ここは何でしょう?田んぼの際に湧水が有りホースが突っ込んでありこれを用いてタンクに入れます。結構水量が有り奥に見える広葉樹の下を流れる地下水が道を作る為の切とうしの斜面から出てきたのでしょう。前回が初めてこの場所で汲んだのですが、非常にやわらかい感じの水で美味しいと思います。

たかが水、されど水でこの水と言うのはどんなミネラルが含まれているか、どれぐらい地中で水分子のエネルギー状態が安定しているかで身体への官能性が違う様に思います。要するに温泉をイメージすれば簡単ですね。含有物で良く水は語られますが、僕はそれも大切ですがそれと同時に水分子のエネルギーの安定度もポイントかとおもいますね。

到着した際には先客が二組いらっしゃりお話などしながら順番を待ちます。途中で水筒とコップに水を欲しそうな通りがかりの人が来たのでみなで順番を譲りました。この感じいいですね。

順番の前にいらっしゃった親子はお母さんは昔からここの水は飲んでいるから美味しいのか普通なのか判らないというと、息子さんがここのは初めて飲んだ時に美味しいと感じそれ以来ずっと来ているとの事でした。今回も30L自然の恵みのお水を頂き戻りました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わき水 y60とのんびり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる