y60とのんびり

アクセスカウンタ

zoom RSS 本年もありがとうございました

<<   作成日時 : 2012/12/29 10:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

本年も拙ブログを通して皆様との交流を楽しませて頂き感謝しております。ありがとうございました。
このブログでH24年締めの記事にさせて頂きたいと思います。Y60に乗り先日223.000kmを突破してY60との付き合いが100.000kmを超えました。最初の頃は20年、100.000kmのOHの日々でその整備記録としてアップ開始しました。最近過去ログを見ながら次なるOHの予定を考えなくてはいけない必要性が出てきました。昨年後半から今年一年は自分が思い描いていたy60を作る時間でした。

5MT化→ターボ化→y61用緩衝装置の一部採用→デフロック化→リアブッシュの全部打ち変え→ウインチの復活→フロントビルシュタイン化→→

と言う具合であります。短期間にy60を乗り込んで思うのがオンオフのバランスの良さです。家族を乗せて長距離走るにはy60の出来の良さに改めて感心しました。オンロードでは大人4名乗車でも車の挙動が乱れず普通に運転でき、オフロードでは何気なく脚をよじりながら呆気なく走り抜くので却って面白みが無いぐらい。J7#やJ4#時代には尻の下で脚がゴキゴキ動くのを振動と音で感じましたが別段音も無く大きく姿勢の変化もなくやり過ごすので自分が不整地を走っている感覚が無いぐらいです。その自然さが却って不気味なぐらいで気が付いたらあの巨体が敢え無くスタックし根を生やす事があります。そこがy60の別の意味での怖さでデフロックとウインチがこの巨漢ゆえに欲しくなった理由です。オフロードの積極的走破というよりは自分が走りたいと思うところで(道路)でスタックし余計な時間を取られるのが今の自分には難しく出来るだけ素早く自己解決できる事が求められます。これら第五・六の駆動系はいま現在7合目で両方とも止まっておりこれも早期に稼動させたいと思っております。

画像


昨年の大きなイベントはやはりターボ化とデフロックホーシングの移植ですね。豪ドルが75円ぐらいまで下がった時に偶然調べたのかきっかけで様々な方の助言を頂き生まれて初めての個人輸入を体験しました。しかもクレジットでの決済ではなく郵便局からの送金という貴重な経験をしました。トータルで$3300AUDでした。通関時にお金が掛る(関税+消費税+手数料)事も勉強になりました。TD42NAへのボルトオンターボは自分には大きな冒険であり今までボルトオンターボ=エンジンを焼くと言うイメージが強かったのですがその道40年のジョンの経験と実績(TD42は3000台)という安心感は他に情報を得るすべが無い時に大きな心添えになったのは実際に走り出してから感じた事でした。そのお陰で毎日Y60を運転していてターボに関して特に気を使う事は無くオイル交換を5000km毎に行なう事のみが注意点であります。このターボ化の恩恵は非常に偉大でy60ロングでウインチを始めとする装備品や積載物が有っても普通に運転できます。過給が掛る3・4・5速は別物で自分の運転するフィールドでは非常に都合が良いのであります。高速道路、長い登り坂では憂鬱・我慢・忍耐の車が軽く走り時には交通の流れをリードできるまでになりました。それでいて黒鉛は随分と減り燃費は変わらず

画像


デフロック化はまだ未完成ですが山は越えました。あと一部の部品が送られてくるとシステムの系は閉じる事が出来ます。純正は本格的にオフロードを走るとなるとぶつけたり、意外と繊細で破損するケースが多いと聞きますが今現在の自分の使い方ではぶつける意外は時に問題ないと判断します。これも様々な人のご縁により入手でき此処まできました。雪国では何気ない所でスタックし動けなくなる事があります。それが通勤途中であったり時間がせいている時などでこのような時にデフロックは車内で先ず一手打てるので有り難い装備品です。BJ44の時にリアはJ7#のワイヤー式デフロックを入れていたので雪でのリアデフロックの便利さは知っております。重量級であるからこそ自己解決グッズは非常に魅力的でありま


画像



それとリアのブッシュの打ち変えは予想以上の効果がありました。コイルリジットはブッシュが命であると改めて感じた次第です。車にしなやかさが戻り上質感が相当戻りました。言い換えれば20年選手の足回りが漸くスタートラインに戻った感じです。此処からダンパー等を交換すればY60本来の足回りの良さがわかると今更ながらに感じました。その後ウインチを取り付け軸重バランスが変わるとダンパーの抜けが気になり大きく車両が揺れだし耐えかねてフロントをお蔵入りしていたビルシュタインに交換しました。これはつい先日の事ですね。これも劇的でした。単筒式のピストンスピードが非常に遅い時から立ち上がる減衰力はフロントの重さを感じさせない変化をもたらしました。これは様々なダンパーを試してきてこの味付けはこれしか出来ない世界ですね。社外品はランクルから含めると一通り試したかな。純正も勿論です。ただy60の優雅な乗り味とは雰囲気が変わり欧州の乗用車的になり好みが分かれるのは確かです。ただターボ・ウインチ搭載の今の状況では車両の安定性向上は非常に魅力的であることには変わりありません。

画像


ざっと今年の事を思い出してみました。皆様は如何だったでしょうか?良くコメントしづらいというお言葉を頂戴しますが元々自分の整備記録として始めたので仕方がないかと思っております。それにも拘わらず拝見頂いている皆様には感謝申し上げます。この様な私ですが来年もお付き合い頂けると幸いであります。本年はお世話になりました。


皆々様良いお年をお迎えくださいませ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本年もありがとうございました。
来年も宜しくお願いいたします。ブログ更新を楽しみにしています。
良いお年をお迎えください。
nakajin
2012/12/29 13:35
nakajinさん こんにちは。
本年もありがとうございました。更新が滞りがちですが細々と続けていこうと思っております。来年も宜しくお願いします。良いお年をお迎え下さい。
kuro
2012/12/29 16:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
本年もありがとうございました y60とのんびり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる